ドラマ・テレビ

現在新型コロナウイルスの感染拡大防止の影響でテレビやドラマの収録・撮影が軒並み中止に追い込まれています。
バラエティ番組や一部のスタジオ収録ではテレワーク出演や3密を避けての収録は行われているようですが、ドラマ業界は撮影自体ができず難航しているようです。

2020年の春・夏ドラマは一体どうなってしまうのか…。
延期など放送に影響が出ているドラマ作品を一覧にまとめました。

放送に影響が出ているドラマ

今回の自粛で撮影・放送に影響が出ているドラマはこの作品です。

作品名 対応
ハケンの品格 初回放送延期
未満警察 初回放送延期
特捜9シーズン3 4話で放送休止
BG〜身辺警護人〜 初回放送延期
家政婦のミタゾノ 2話で放送休止
M 愛すべき人がいて 3話で放送休止
半沢直樹 初回放送延期
私の家政婦ナギサさん 初回放送延期
MIU404 初回放送延期
らせんの迷宮 初回放送延期
SUITSスーツ2 2話で放送休止
竜の道 初回放送延期
アンサング・シンデレラ 初回放送延期

数多くの作品が初回の時点で放送延期になったり、放送途中で休止になっています。
休止・延期になった作品は特別編を放送したり、過去の別作品を放送するなどして対応をしています。

また、休止・延期になっていない作品もまだ放送する話数があるというだけで、このまま撮影が延期になってしまうと途中での放送中止の可能性は十分にあり得るでしょう。

しかし、この問題は撮影が再開したとしてもスムーズに解決する話ではないようです。

撮影が再開しても俳優側の問題がある

ドラマの撮影が再開したとしても、俳優達の都合でスケジュールの確保がうまくいかないため、今の自粛や緊急事態宣言解除がされたとしてもしばらくは撮影の延期が長く続く可能性があるそうです。

一番の問題は俳優のスケジュール調整だ。通常の連ドラだと拘束は約3カ月。4月期なら3月から収録を始め5月末に撮了というのが一般的だ。主演クラスの人気者なら、すぐに別の舞台や映画の仕事に入ることが多く、最後まで撮影できないケースもでてくる。ただ、舞台や映画も延期されており、そのあたりの調整が困難を極めている。

俳優はドラマだけでなく、舞台や映画でも活躍し、その後に番宣でバラエティやクイズ番組に出演されている姿も見ますよね。
春や夏に予定されていたスケジュールがまとめてストップしているため、この状況を明けたとしてもその後のスケジュール調整がかなり困難になっていくと予想されます。

7月開始の夏ドラマも絶望的か

連続ドラマの撮影期間が約3ヶ月間という部分を見ると、7月放送の夏ドラマの撮影は普通であれば4月には行われているはず。
しかし、現在2020年5月の段階で緊急事態宣言が延長になったことを考えると予定されていた夏ドラマも中止・延期となるでしょう。
仮に6月から通常の生活に戻れたとしても、本来夏ドラマの枠に春アニメが放送されるのではないかと予想されます。

ドラマの放送に関する声

https://twitter.com/__kp05_23/status/1257533491090042881?s=20

ドラマの延期に戸惑いの声もありますが、お目当ての俳優が出演する作品を早く見たいという声も多く見られました。
確かに過去作品の続編や、人気のジャニーズが出演する作品も控えていたこともあり期待が高まるものだったので残念でなりませんね。

収録や撮影が中止になるテレビ・ドラマ業界まとめ

現在現場がストップしているのはテレビやドラマ業界だけではありませんが、私たちの日常に楽しみや感動を与えてくれるジャンルなので早く俳優達が活躍する姿や素敵な作品を視聴したいですよね。

まだ現状の収束が目に見えていない状況ですが、早く日常を取り戻せることを願うばかりです。

 

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事